2009-06-15 20:19 | カテゴリ:ひとりごと
6月15日(月) くもり時々雨

先日、職場の「接遇講習」で”セラピードッグ”についての話を聞く機会があった。
盲導犬、介助犬、警察犬etc.、福祉、地域社会で活躍する犬はさまざまだけれど
医療の現場で活躍する犬たち。
セラピードッグ1 セラピードッグ2



日本では保護された犬の中からレスキューをしてその訓練を受けるという。
45項目のテストをクリアするのに要する時間はおよそ2年かかるそうだ。

この日、来てくれた子たちは4頭。
MIXで毛もつやつや、みんなやさしい顔をしている。
とてもしっかりとした足取りで車椅子の横や杖で歩く人とテンポを合わせ歩いている。
アイコンタクトもばっちり!!(うらやましい)

この子達が、病気で苦しんでいる人の心をゆっくりゆっくりほぐしていく。
笑顔・希望を運んでくれる。。

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://westie318fuuru.blog47.fc2.com/tb.php/5-38fc3cd4