2013-03-11 20:55 | カテゴリ:東日本大震災
DSCF3439.jpg


DSCF3652.jpg 



2年前の14時46分、地震がありました。



DSCF3653.jpg



本当に信じられない風景が目の前にありました。



DSCF3440.jpg



「日和山公園」からの風景4




DSCF2951.jpg



DSCF2950.jpg



DSCF2946.jpg



DSCF2930.jpg

DSCF2938.jpg 







避難所には、ペット同伴可の所もありましたがそれはごくわずかの地域。
「周りの方に迷惑をかけたくない」と言って
津波と地震で倒壊した危ない自宅や狭い車の中で一緒に過ごしている方もいました。

DSCF2752_20130311195645.jpg

DVC00061_20130311195653.jpg 




動物のことはどうしても後回し。
救護施設があっても、近所の方でさえその存在を知らない方もいました。

DSCF2887.jpg


yDSCF3432 





まずは、フード(1か月分)、水、器、首輪&リード、クレート
カラダを拭いてあげられるウェットティッシュ、ブラシ、
薬(服用か塗布している場合) 、あれば消臭スプレー

(猫ちゃんの場合も首輪&長めのリードは希望多かったです)

があればなんとかなるかしら?
すぐに持ち出せるように準備しておくこと。



あと、クレート(ケージ)トレーニングは必須!だと思います。

DSCF3357.jpg

クレートを犬にとって「安全な場所」にしておいてあげると、犬も人間も楽。




お散歩なんかにも行けるようになった時にリードがなくて困っている方もいました。
普通の「ヒモ」を首に巻いてました。

少し落ち着いてくると、犬の匂い、汚れなどが気になり、
水も限られていたので洗う事が出来ずにいました。




DSCF3513_20130311203030.jpg 



あの教訓を忘れてはならない。改めてそう思いました。
まずは、自分ちの子を守る!一緒に逃げる!

一緒にいれた時にはいいけれど、いれなかった時には、、、
物言えぬ子達には、マイクロチップもあり?・・・





風流




亡くなった方、動物たちのご冥福をお祈りします。

そして、今現在も頑張っている方々に。。。


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://westie318fuuru.blog47.fc2.com/tb.php/361-9b64cc3d